妊活で健やかな赤ちゃんを授かりましょう!赤ちゃんが欲しいプレママの妊活情報サイトです。

赤ちゃんが欲しいプレママの妊活スタイル@最短で授かるための不妊治療選び

不妊治療に用いる典型的な薬と副作用

婦人科の看護師

どうしても妊娠できないという女性にとっては妊活が大切になります。

民間でよく知られるようになった妊活法を試すことに加えて、どうしても解決できないときには産婦人科に行って不妊治療を受けることになるでしょう。

治療の方法として薬が処方されることがよくありますが、子供を作りたいのに薬を飲むということに抵抗感を感じてしまう人も多いはずです。

不妊治療が達成されて妊娠できても、飲んでいる薬の副作用が胎児に影響してしまわないのかということは誰もが懸念することでしょう。

その安全性を確認した薬が使用されているものとされていますが、母体である女性に副作用が出ることはあるので注意が必要です。
 

 

不妊治療の薬

薬としてよく用いられるのは排卵を誘発することができるホルモン剤であり、排卵障害があって不妊になっている場合に用いられます。

ホルモンバランスに影響が出るために頭痛や食欲不振、悪心、嘔吐などは比較的よく見られます。

また、目に影響が出る場合もあり、虚血性視神経症等が知られているため、不調を感じたときには医師に相談することが大切です。

同様にして用いられるホルモン剤は類似の副作用が多いですが、ステロイド剤もしばしば用いられます。

ステロイド剤の場合には免疫力の低下が問題になって感染症にかかりやすくなるという症状が表れやすいことから感染症予防をしていくことが大切になります。

服用している薬に応じて出てくる症状を懸念しておき、必要に応じて薬をかえてもらった方が安心です。